無料カウンター

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://tujixiaojie.blog51.fc2.com/tb.php/18-79ab77f8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

姜邯賛の活躍

926年、契丹族の興したは、渤海を滅ぼし、高麗は渤海の遺民を吸収して、鴨緑江以南に伸張しました。
高麗契丹は互いに伸張を続け、対立するようになります。
993年、契丹の蕭遜寧が80万の大軍を率いて鴨江を渡って義州に侵入しました。
高麗の徐熙(ソヒ)将軍は、契丹への服従を誓い、契丹に江東6州を返還させました。
1010年にも、契丹は20万の大軍で高麗に攻め込み、西京を陥れました。
高麗姜邯賛(カン・ガムチャン)将軍は、契丹軍が西京で兵糧や馬糧を略奪しているのを見て、焦土作戦を試みました。
翌年契丹軍が開京に攻め込むと、高麗軍も物資もありませんでした。
開京での戦利品を当てにしていた契丹軍は、後退を始めました。
姜邯賛は西京以北の要所要所に伏兵を配置し、契丹軍に反撃を加え、大勝しました。
しかし1018年、契丹の蘇排押はなおも、10万の兵を率いて高麗に攻め込みました。
14万の兵を率いた姜邯賛は、大量の牛の皮で川をせきとめ、契丹軍が川を渡ろうとしたとき、一気に堤防の水を放流しました。
契丹兵は河水に流され、岸に上がったところを高麗軍に次々と倒されました。
生きて逃げられた契丹軍の数はわずか数千人しかいませんでした。
この戦いは亀州大捷と呼ばれています。
カンガムチャン

(姜邯賛の銅像)
FC2 Blog Ranking←クリックしてね。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://tujixiaojie.blog51.fc2.com/tb.php/18-79ab77f8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

辻小姐-つじしゃおじえ

Author:辻小姐-つじしゃおじえ
こんにちは、辻小姐です。
小姐とは、英語のMissのような意味の中国語です。
日本の旅館や料亭の、「お姉さん」のような意味にも使われます。ウェイトレスや何とかアテンダントのような職業は、みんな小姐です。えっちなお店の女の子もです。
でも、わたしはそういう店では働いていませんよ。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

歴史 BLOG RING
back next random list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。