無料カウンター

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松代高生が韓国・済州島を訪問 大戦末期の戦跡巡る

松代高生が韓国・済州島を訪問 大戦末期の戦跡巡る

10月10日(金)

韓国・済州島を訪問し、戦跡を見学する松代高校の生徒たち
 県立松代高校(長野市)の2年生がこのほど、第2次世界大戦末期、旧日本軍が連合国軍の侵攻を防ぐために要塞(ようさい)化を進めたとされる韓国・済州島を初めて修学旅行で訪れた。約190人の生徒たちは同島に数多く残る戦跡を巡り、現地の高校生との交流も重ね、それぞれに平和の大切さをあらためて学んだ。

 同じく大戦末期、国の中枢機関を移すために築かれた松代大本営地下壕(ごう)の地元にある高校として、日韓の友好を深める狙いも込め、昨年までの沖縄から旅行先を変更。事前学習で同地下壕を見学するなどして準備を進め、9月30日から10月3日まで済州島を訪れた。

 同島には、旧日本軍が人間魚雷「回天」を隠したとされる人工洞窟(どうくつ)跡や戦闘機の格納庫跡が残る。浦野真斗君(17)は実際に訪れたことで「戦争を体験していない自分たちにとって、平和を考えるためにきちんと戦跡を残すべきだ」と感じたという。

 別の壕では、父親が掘削作業に動員されたという現地の男性の案内を受けた。根津みどりさん(16)は「男性が『日本をもう恨んではいない。これからが平和になればいい』と話したのに感動した」と振り返る。

 現地の西帰浦高校では同世代の生徒たちと交流会を開き、昼食もともにした。日韓両国間には、互いに領有権を主張する竹島(韓国名・独島)問題をはじめとする外交問題が横たわるが、関屋直樹君(17)は「自分たちが友好を続けていけば、ぎくしゃくした日韓関係が変わり、世界平和にもつながると思う」と話す。

 同校は来年度以降も済州島への修学旅行を予定する。担当の瀬田晃教諭は「いつかは済州島の高校生を松代に招きたい」と話している。

信濃毎日新聞




 自らの父親を日本軍によって危険な掘削作業に動員された男性の口から、
『日本をもう恨んではいない。これからが平和になればいい』
 という言葉が出たのは、正しい歴史を学ぼうという松代高校の生徒の心が通じたからでしょう。
 松代市は強制連行された朝鮮人などによって築かれた松代大本営地下壕を大切に保存しています。いつか瀬田先生の願いがかなうといいですね。
 松代高校と西帰浦高校の生徒の友情がいつまでも続くことを願っています。

韓国の歴史2-3朝鮮という国号⑵

韓国の歴史2-2朝鮮という国号⑵

 7か月前のブログの続きを書くのもどんなものかと思いますが、朝鮮という国号の続きです。
 倭と称する国は、古代には各地にありました。
 「論衡」には、

「周時天下太平 倭人來獻鬯草」(異虚篇第一八)
周の時、天下が太平になり、倭人が来て鬯草を献じた。

「成王時 越裳獻雉 倭人貢鬯」(恢国篇第五八)
成王の時、越裳は雉を献じ、倭人は鬯を貢じた。

「周時天下太平 越裳獻白雉 倭人貢鬯草 食白雉服鬯草 不能除凶」(儒増篇第二六)
周の時、天下が太平になり、越裳は白雉を献じ、倭人は鬯草を貢いだ。白雉を食し鬯草を服用するも、凶を除けなかった。

 とあります。鬯草は鬱金、鬯は香酒の一種です。越そのものも、どの辺りを支配していたかはっきり分かりませんが、越と倭が並べて語られているところを見ると、倭も中国南部にあった国だと思われます。

 「山海経」には、

「蓋國在鉅燕南 倭北 倭屬燕」(山海經 第十二 海内北經)
蓋国は鉅燕の南、倭の北にあり、 倭は燕に属していた。

 とあります。燕の南の蓋国の南に倭があったのですから、現在の日本だったとも考えられますが、北方の地理に関する記述ですから、この倭は東北区にあったのではないかと思います。

 まあ、古代中国で、漠然と東方異民族の中に、倭という部族があると信じられており、いくつかの国が倭と呼ばれ、やがて日本の名称に落ち着いのだと思われます。しかし、このことを、

「中国人の一部が日本に渡って、国を作った」

 とは、わたしは言いません。ベネチアとベネズエラの関係のように、一つの地域の名前が、別の地域に受け継がれただけだと思います。

珍しく普通のブログ

 珍しく普通のブログを書きます。
 2ちゃんねるでスレッドを立てました。1日1レスで3年で1000を目指しています。

今年の紅白のトリは東方神起の千年恋歌

1 :辻小姐 :08/03/30 16:04 ID:7.OWRsHY
太王四神記のNHKに対する貢献から言って決まりでしょう。

後金の朝鮮侵略

 朝鮮は1637年、後金に侵略されました。
 清王朝は中国東北区から興った王朝ですが、中国では清王朝は中国全体を支配した政権として捉えられています。順治帝の北京攻略以前の清王朝のことを、中国では後金と呼んでいます。ここではそれに従います。
 その後金に、朝鮮は侵略されました。
 ここでは、中国の百度というウェブサイトの百度百科から引用して説明します。

朝鲜孝宗

>1636年的“丙子虏乱”之后,李和哥哥昭显世子李溰、弟弟麟坪大君李濬都被清军掳到沈阳,当了很久的人质。清朝入主关内之后,1644年11月9日,清朝摄政王多尔衮在北京紫禁城武英殿召见作为人质的昭显世子和凤林大君,说“未得北京以前,两国不无疑阻。今则大事已定,彼此一以诚信相孚。且世子以东国储君,不可久居于此,今宜永还本国。凤林大君则姑留与麟坪大君相替往来……”。同时,清朝还宣布减少朝鲜的岁贡币物。

 (訳)1636年の「丙子胡乱」の後、李と兄の昭显世子李溰、弟の麟坪大君李濬は3人とも清軍によって瀋陽に連れ去られ、とても長い間人質になった。
 清朝が山海関に入ったのち、1644年11月9日、清朝の摂政王ドルゴンは北京の紫禁城の武英殿に人質の昭显世子と鳳林大君(李)を召してこう言った。
「北京を得る以前、両国は疑いがないわけではなかった。今、大事はすでに定まったため、あなたと私の国は互いに深く信頼し一つとなった。まして東国の次期君主である世子は、長くここにいるべきではない、今永遠に本国に帰すことを宣言します。鳳林大君は麟坪大君と交替で行き来してください」
 同時に、清朝は朝鮮の歳ごとに貢ぐ金品を減少させることを宣言した。

 こうして、清朝と朝鮮王朝は友好を結び、朝鮮王朝は独立したのです。

Appendix

プロフィール

辻小姐-つじしゃおじえ

Author:辻小姐-つじしゃおじえ
こんにちは、辻小姐です。
小姐とは、英語のMissのような意味の中国語です。
日本の旅館や料亭の、「お姉さん」のような意味にも使われます。ウェイトレスや何とかアテンダントのような職業は、みんな小姐です。えっちなお店の女の子もです。
でも、わたしはそういう店では働いていませんよ。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

歴史 BLOG RING
back next random list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。